忍者ブログ
 某Twitterアカウントの中の人が思ったことや書きたいことを気のままに書くブログです。最近更新停滞中。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近、痛ましい事件が報道された。去年当時中学2年生だった子どもが、いじめに耐えかね自殺した。
しかし、加害者の側と教師や警察といった大人たちはどこ吹く風であり......さらにそのいじめに対して

被害届を受け付けない

相談してもどこ吹く風どころかいじめに加担していた」

「何もわかっていない人間の戯言であり、我々に責任はない」と言う(加害者の親)


という事が分かっている。

 被害者の側から見て、自分が虐められることはとんでもない苦痛である。(わからぬかたも居るようだが)そしてその絶望に追い打ちをかけるのは、誰にもわかってもらえない或いは助けてもらえないという孤独故の大きな絶望である。

 確かに、其の責め苦と絶望は刹那的なものかもしれないし、責め苦は学校を卒業すれば消えるかもしれない。しかし、傷跡は残る。そしてさもすればその人の一生を支配しかねない。

 ではここで喩え話をしてみよう。

ーーー

 有る男が仕事を「気に入らないから」という不当な理由で解雇され、路頭に迷った。

 そして、貯金も尽き、ホームレスにもなれず、親類縁者にも支援を断られた。そして、とうとう家を追い出され、3日も何も食べていない。水も、そう飲めなかった。

 そこに、食べ物を持った人が現れた。

「恵んで下さい」

男は死にそうな声でそう言ったが、与えられたのは投げつけられた石だった。当たったところから派手に血が噴き出たが、通行人は見て見ぬふりをし、其れに乗じて食べ物を持った人も逃げ出した。

一晩経って、その深い傷の痛みと絶望と飢えの中、男はこの世を捨てて楽園へと赴いた

残った身体は、無縁仏となった。


ーーー

 これはあくまで喩え話だ。しかし、いじめもそんなものではないのか?

なんとなく気に入らないから、人を陥れる」

なんとなく嫌悪感を覚えるから、人を攻撃する」

みんなやってるから、人を虐める、或いは傍観する」


そしてこの人間の性悪性は、戦争や差別、迫害にも色濃く現れる。気づけば、個人ではどうにもできなくなっている

だから、一様に傍観者を責めるのも愚行であるし、彼らにはきちんと「良心の呵責」といった自責の念という罰が振りかかる

 だが、罪悪感を覚えないのは罪ではないか?」と思うのだ。罪悪感があれば何をやって良い訳でもない。ただ、其れすら持ち合わせないのは......罪だ。

 現に、一人の人間が絶望の中死んだのだ。唯一の味方である親が出してくれた被害届も突っぱねられ、先生に相談してもどこ吹く風傍観者の層は厚く、彼らが立ち上がることも望みが薄く、もしそうなったとしても振りかかるであろう根本的な解決の難しさ。それが何時まで経っても改善される見込みはなくエスカレートしていくことへの絶望の中で。

 これは全て、人間の性悪性にあることは間違い無いだろう。其れをとある小説では
「共食いの本能」
と形容しているが、言い得て妙だ。

そして、その小説ではこうも言っている。

人間はその本能を、理由をつけて粉飾する事を覚えている」

まさにそうだ。宗教、外交、民族、資源......etc これらは全て共食いの本能を隠すための欺瞞ではないのか?

そして、其れにそぐわぬものは排除される。しかし、排除される人は総じてその本能を克服或いは昇華し、手懐け有効活用している。そういう人材こそ、必要であるはずなのに。

 しかし、もうひとつ忘れてはいけないことがある。「後からはなんとでも言える」のだ。

 現に私達はニュースを介さなければこのようなことを全く知ることがなかっただろう。そして、今も何処かでーー
だが其れを今逐一我々は止めようとしているのか?否である。
傍観者を批判しようとしたところで、我々も分厚い傍観者の層のほんの一欠片である。其れを棚に上げ、過激な批判を繰り返すのは荒唐無稽であり、自分が加害者になることになりかねない。

 だから我々ができることは、隣人を愛し、同じ事を繰り返さぬようにする「姿勢」であると考えるのだが、どうなのだろう?

ーーー

編集後記?

 私も、その罪人の一人である。だから、一生後悔したい。しなければならない。

 彼の死は悲しい。だが、その死を見ても我々人間はそれすら見て見ぬふりでどこ吹く風なのか......せめて誰かを止め、誰かを善行へと導いてくれているのか、彼の死を悼む者がいるのか......それともーーー

 ここに、最後まで闘った彼に哀悼の意を表させて頂きます。彼が救われていることを、祈ります。

 そして、あの人が見ていなくても......7年前してしまったこと、謝っても謝りきれません。それはここに書くまでもなく、できうる限りの行動で、示したく思います。

拍手[0回]

PR
 元々は別記事書こうと思ったんですけど諸事情でこの愚痴を書き連ねた雑記となります。

苦手な方はバック推奨。20行後ぐらいに開始。




















 ギリシャ問題が深刻化してきてるけど、「コレ明日は我が身じゃないかな」と。日本はギリシャほど国債を外国に依存してないけど、他の問題では十分おんなじような事に立たされる可能性がある。

 その時、どうすればいいのか。私達には多分変えようが無いと思うんですよ、一挙に薄氷が崩れちゃったら。
だから、受け入れなきゃならない。受け入れて、もっと良くしなきゃならない。
私はもう成り行きに任せて生きたいと思ってるけど、現実はそう甘くないだろうし。

 既得権益は徹底的に崩すべきだと思う。でも我々一人一人が散り散りに行動したところで、多分なんにもならない。皆で徒党を組んで、其れを力にすべきなんだろう。でも、そういう場合って往々にして既得権益者と同じ土俵に立ってないと思うんです。

 だから、国政だったら国政にそういう徒党を組んだ人たちの窓口的な人がいて、既得権益者と同じ土俵に立った上で既得権益に染まらずに既得権益を切り落として、新しいものを作らなきゃならない。或いは、ある程度影響力があって志のある人達を味方につけるとかね。

 この世がどう転ぶかはまだわかんないけど、皆で団結して其れを力にしなきゃ変わらないんだろうなぁ......今は政治をお爺さん方がになってるけど、若い力を加えたい気がする。若い力があれば、著作権法の改悪なんて無かったしもう少し若い考え方でニーズにあった政治が出来たと思うし。

 でも私はその器じゃない、もっと向いてる人がいるはずだ......と思うけど、それは逃げなんだろうか?
今からでも遅くないから、その器に成る為に自分を鍛えるのも、悪くないかもしれない。まだ一介の学生という身分に居れているのだから。

――ちょっと関連動画っぽいもの?――

 著作権法の改悪というものに触れましたが、其れに関連した動画がひとつ。
暇な時でも見ていただけたら、幸いです。

#ACTA 日本提案の偽造品防止協定で世界中のネット弾圧! # 著作権 #opjapan

拍手[0回]

 最近審議もされずにスピード可決された著作権法の改悪についての議論が為されることが多い。1つは多くの方がご存知であろうCSS解除・CCCDコピーの違法化違法DLの罰則等である。(そしてもうひとつJASRACが掲げていることは後述する)

「ん?コレっていいことじゃねーの?何で反対すんのよ」

という意見もちらほら聞く。実はコレ大義名分はいいことなのだが方法が非常によろしくないのである。
掻い摘むと「中国並みの検閲の完成」だ。

 今は「親告罪」と言って著作権者からの告発があれば、逮捕される。なければされない。ただ、これはそのうち「非親告罪」即ちやれば著作権者からの告発なしで即逮捕、という構図が出来上がる公算が高い

 そして断言しよう。すべてのネットユーザーが、何らかの形で広義の意味での違法DLをしている。「覚えがない!」という方もいらっしゃるだろう。しかしそういう人でも画像検索YouTubeの閲覧、或いはネットサーフィンぐらいは嗜んでいることと思う。実はここが落とし穴だ。

 大体のパソコンは、インターネットを閲覧する際「キャッシュ」という仕組みを使う。これはサイトの内容を一時的にダウンロードし、閲覧を高速化する機能だ。つまり、閲覧した時点で違法だろうが適法だろうがデータは一度ダウンロードされる。

 さて、皆さんにはこのような経験がおありのはずだ。

「有るキーワードで画像・動画検索したら関係のないアニメ本編の画像・動画が引っかかる」

「動画を見て、関連動画で偶々丸上げ(TV番組等の本編や映画本編の丸ごとアップ)動画に出くわす」

「片っ端からキーワードに関係したインターネットのファイルをDLするソフトで関係のない違法ファイルに出くわす」

「ネットサーフィンしていたらFlashなどの違法ファイルを直置きしているサイトに出くわす」

 つまり、ネットユーザーは著作権法の改悪により、誰もが犯罪者になる可能性を秘めているのだ。

 幸い、今はキャッシュのダウンロードで罪に問われる事は無かったと思うが、まだ安心は出来ないだろう。

ACTA」という条約をご存知だろうか?これは著作権に関する条約だ。

これが発行されるとどうなるかというと、

1.ジェネリック医薬品が使えなくなる

2.一部の植物の種子にまで著作権がつく=容易に作物が作れない

3.ネットは全て検閲、メールでさえも中身を全て見られる

これはまぁ一例であるが、これに日本はあろうことか署名している。

ここでお気づきだろう、

「そんなの聞いてない!」

と。実はマトモに新聞やTVはこれを報道していない。つまりこのような重大な法律を国民が知らないまま、一部の政治家が勝手に決めたのだ。

 これに不快感を覚えない人は少ないだろう。人の封書を勝手に開けて見られ食べたいものが食べにくくなり安価なジェネリック医薬品は使えなくなる。そしてでっち上げによる冤罪すら可能となる。

 さらに、凶報が2つ有る。1つはアノニマスの介入だ。此方はニュースでお聞きした方も多いだろうがアノニマスがこの違法DL法に反対し、各所にサイバー攻撃を仕掛けた。

 方法はどうあれ、アノニマスは何だかんだで義憤を感じていることだけは間違いない。これを日本国民は恥じるべきだ。犯罪者が悪法に(方法は正しくないものの)反対するにもかかわらず、我々は何処吹く風なのだから。

 それともうひとつの凶報は、最初少し触れたJASRACの掲げる「ネット検閲ソフトの導入」だ。

 其の方針とは、メールやHP等は全て検閲され、違法ファイルが合った時点で然るべき措置。これならまだ生やさしい。実はJASRACは、これに「1カ月につき5万円の使用料をプロバイダーに払え」と言っている。そしてJASRACは悪名高い天下り団体としての側面もある。

 つまり、大義名分の裏では大量の黒い金が流れることになるのだ。しかもソフトを使うということはプロバイダーの機材には当然負荷がかかるので、ネットの速度は必然的に遅くなるだろう。

 大義名分の裏でこのようなことを横行させていいのか、私は疑問に思うのだが、どうなのだろう。

―――

 反ACTAの署名ページがあります。危機感を持たれた方は是非お願いします。

https://candypop-endoshuichi.ssl-lolipop.jp/acta2/actasig/sig.php

このサイトでは他にもACTAについての問題をまとめたチラシがダウンロードできたり、著作権についてのアンケートやACTA関連の動画を見ることができます。

<ちょっと編集後記的なもの>

 これには上記の他にも2次創作も脅かされるので個人的には反対だなー、と思うのです。
しかも持病の薬がジェネリックで、医療費高くなるとか家庭の不和招くから本当に勘弁していただきたい......

 最近ネットやめて旅でもしようかなーとか本気で思っていたり。

拍手[0回]

PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
ANUBIS
性別:
非公開
自己紹介:
 享楽主義者で極度の虚弱体質であり、調子が悪くなると饒舌に成る特殊体質の持ち主。
 なんだかんだで3日坊主ですぐ飲めないお酒に逃げたがる割に怠惰故に逃避を拒む矛盾した人。
 平日に更新しているときは大抵虚弱なお陰で病欠の時だと思われ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
クリック募金
クリックで救える命がある。
Banner


忍者アナライズ
Copyright (C) 2017 名無しは凡愚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]