忍者ブログ
 某Twitterアカウントの中の人が思ったことや書きたいことを気のままに書くブログです。最近更新停滞中。
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 私は結構奇異といいますか、シャーロック・ホームズの時代から200年前のイギリスに居れば火あぶりだった類の性格の持ち主です。
(かといってホームズほど頭は良くないですよ! テストに出ますよ!)

 この時期(10代)には、特有の「ズレ」があるのだそうです。

 でも、私は少し違う「ズレ」を感じています。自分が自分でないような、までは普通です。人に自分を本名で認識されたら、自分がその人の中で死んでしまうような感じです。
もっと言うと、自己の分裂です。

Ξ

 元々、出る杭は打たれるの法則を着実に遂行してきたので、自分を出すことがないのです。
「自分を出せば、即刻村八分という仲で過ごせばこうもなろう!」と言いたいぐらい。そういう環境下にあると自分を出すことは綱渡りです。というより、分の悪いロシアンルーレットと言ったほうが正しいかもしれないですがね。
 そして、その本名で認識されるということは、=で自分を出すなということに繋がります。言わば名前がオリと化してしまうわけです。

「今の私は、自らを器と規定している」

「オレは今まで、自分をパイロットと規定してきた」

「今の私はクワトロ・バジーナだ。それ以上でもそれ以下でもない」

 と、ガンダムシリーズに登場するキャラが言うようながんじがらめの状態にリアルになっていると気づいたのはつい最近です。

 元々、この国は「画一化」と「マゾヒズム」が大好きです。みんなと一緒になることで不安から目を背ける。そうでない無垢な人間すら取り込み(そうでない人間は自分を不安にさせますから)、できなければ村八分。
その宗教めいたものの教義の中には、極端なマゾヒズムがあります。つまり、どれだけマゾヒスティックに耐え忍んだか、或いは努力したかということが全てなのです。だから、「運は実力のうち」ということもない。そして、「成功していないものは努力不足」となる。

 まるでカルト教団じゃありませんか。(実際あれ程disられている創価学会が一定のシェアを得ているのもこの国の多数の価値観と親和するからでしょう)しかも、重要な心的エネルギーや心的な資源を根こそぎ奪い取られようと、賠償なんてあっちは払うこともない。どこ吹く風でのうのうとしていられる。

 けれども、それも長くは続きません。窒息プレイの果てに本当に窒息死する人が居ますよね。それだけではありません。画一化と言う事は、脆弱であるということです。
そもそもなぜ生物が多様性を持つようになったかというと、画一化してしまえばある事が起こった時みんなしんでしまうからですよね。つまり、ある種の外敵には極端に弱い。

 そして、多くが画一化されてしまった今。案外、画一化されてしまった人々の絶滅までのカウントダウンは、近いかもしれませんね。

 自己の分裂、と言う意味では、私も彼らと同類ですが。彼らは1984年さながらの二重思考をやってるだけあって、狂いの丈は彼らのほうが酷い気がしますけどね。

(ああ、そうなると私も死んでしまうかもと今気づいた)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
ANUBIS
性別:
非公開
自己紹介:
 享楽主義者で極度の虚弱体質であり、調子が悪くなると饒舌に成る特殊体質の持ち主。
 なんだかんだで3日坊主ですぐ飲めないお酒に逃げたがる割に怠惰故に逃避を拒む矛盾した人。
 平日に更新しているときは大抵虚弱なお陰で病欠の時だと思われ。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カテゴリー
クリック募金
クリックで救える命がある。
Banner


忍者アナライズ
Copyright (C) 2017 名無しは凡愚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]